本日発売の「AERA」今週号《現代の肖像》に、山岸凉子登場! 最新作『レベレーション(啓示)』待望の最新②巻は今月12/22発売です!

2016/12/05 12:00

他メディア掲載・出演・コラボ情報

本日12月5日(月)発売の「AERA(アエラ)」2016年12月12日号(朝日新聞出版)にて、同誌創刊以来28年間続く人物ノンフィクションシリーズ《現代の肖像》に山岸凉子氏が登場しています!


初公開のカバーデザインはこちら!

初公開のカバーデザインはこちら!

時代を象徴する人物を対象に、圧倒的な取材量に定評ある「現代の肖像」。滅多に取材を受けないことで知られる山岸氏に超ロングインタビューで迫るほか、ご兄妹や、交友のある大和和紀氏(『はいからさんが通る』『あさきゆめみし』)・忠津陽子氏(『美人はいかが?』『ハロー!王子さま』)へも周辺取材を繰り返し、丹念に山岸氏の人物像を掘り下げたノンフィクションとなっています。

デビューから47年を経た今も漫画界の第一線を走る山岸氏の、創作の裏側に迫るたいへん貴重なインタビュー、ぜひご一読ください!

なお、現在「モーニング」にて隔月連載中の最新作『レベレーション(啓示)』は、待望の最新単行本第②巻がいよいよ今月12月22日(木)発売開始です!



原画200点で画業を辿る山岸凉子展、12/25まで開催中!

『アラベスク』『日出処の天子』などの大ヒット作から、手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作『舞姫 テレプシコーラ』、最新作『レベレーション(啓示)』まで、原画約200点を一挙公開する山岸凉子氏初の本格的回顧展【山岸凉子展「光 –てらす–」 –メタモルフォーゼの世界–】が、12月25日(日)まで東京都文京区の弥生美術館にて大好評開催中です!

詳しくはこちらをご覧ください!

  • レベレーション(啓示) (2)

    モーニング

    レベレーション(啓示) (2)

    山岸凉子

    発売日:2016/12/22
    定価:本体600円(税別)

  • レベレーション(啓示) (1)

    モーニング

    レベレーション(啓示) (1)

    山岸凉子

    発売日:2015/12/22
    定価:本体600円(税別)

モーニング

モーニング

モーニング2017年52号
2017年11月22日発売
定価:本体324円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング2017年52号
2017年11月22日配信
スマホ版モーニング月額500円で配信中

[ダウンロードはこちら]

モーニング・ツー

モーニング・ツー

モーニング・ツー2018年1号
2017年11月22日発売
定価:本体546円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

アクセスランキング

  • 第1位

    モーニング・ツー

    ご恩は一生忘れません

    北郷海

    Webで読む

  • 第2位

    モーニング

    コウノドリ

    鈴ノ木ユウ

    Webで読む

  • 第3位

    モーニング・ツー

    デビルズライン

    花田陵

    Webで読む

  • 第4位

    モーニング・ツー

    マッドキメラワールド

    岸本聖史

    Webで読む

  • 第5位

    モーニング・ツー

    ハヴ・ア・グレイト・サンデー

    オノ・ナツメ

    Webで読む

  • オリジナルWebコミック『独身OLのすべて』
  • 週刊Dモーニングピックアップ

モーニング

モーニング

モーニング2017年52号
2017年11月22日発売
定価:本体324円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング2017年52号
2017年11月22日配信
スマホ版モーニング月額500円で配信中

[ダウンロードはこちら]

モーニング・ツー

モーニング・ツー

モーニング・ツー2018年1号
2017年11月22日発売
定価:本体546円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

  • 月額500円!お得な定期購読なら「週刊Dモーニング」
  • 単号で気軽に買うなら「電子版モーニング」

アクセスランキング

  • 第1位

    モーニング・ツー

    ご恩は一生忘れません

    北郷海

    Webで読む

  • 第2位

    モーニング

    コウノドリ

    鈴ノ木ユウ

    Webで読む

  • 第3位

    モーニング・ツー

    デビルズライン

    花田陵

    Webで読む

  • 第4位

    モーニング・ツー

    マッドキメラワールド

    岸本聖史

    Webで読む

  • 第5位

    モーニング・ツー

    ハヴ・ア・グレイト・サンデー

    オノ・ナツメ

    Webで読む

こちらもオススメ!