【クッキングパパ30周年 × 福岡ソフトバンクホークス】 今週の『クッキングパパ』作中に、なんと工藤公康監督が登場!? ウェブでは“博多の両雄”対談を完全版で公開!

2015/07/30 00:00

クッキングパパ30周年] [モーニング本誌情報] [他メディア掲載・出演・コラボ情報

ただいま連載30周年イヤー真っただ中の『クッキングパパ』と福岡ソフトバンクホークスの夢のスペシャルコラボが実現しました!

本日7月30日(木)発売&配信開始の「モーニング」「週刊Dモーニング」35号掲載の『クッキングパパ』最新話に、なんとホークスの工藤公康監督が漫画で登場! 永久保存版です!


はたして工藤監督と荒岩の対面は……? 今週の「モーニング」&「週刊Dモーニング」誌面にてお確かめください!

はたして工藤監督と荒岩の対面は……? 今週の「モーニング」&「週刊Dモーニング」誌面にてお確かめください!

「週刊Dモーニング」35号より。

「週刊Dモーニング」35号より。


さらに、博多をホームグラウンドに活躍する二人の男、工藤監督と作者・うえやまとち氏の特別対談も実現! 紙の「モーニング」35号に短縮バージョンとして掲載されたこの対談の完全版を、当サイトにてウェブ公開いたします! ぜひご覧ください!


クッキングパパ連載30周年特別企画
プロ野球福岡ソフトバンクホークス監督・工藤公康
×
『クッキングパパ』作者・うえやまとち
特別対談【完全版】


プロ野球生活33年と、連載30年。
博多をフィールドに、一つの道を極め続けた二人が語る、
「仕事」、「食」そして「家族」——。
本誌35号に掲載された記事の全編をここに公開!!


コラボ弁当を作るなら
大根は必須!?


長く続ける秘訣——「考える」ことを「楽しむ」

——プロフェッショナルな仕事の第一線で30年にわたって続けてこられたという共通点。そして今や博多をホームにするという点でも共通されています。今回は偉業を成し遂げたお二方同士にしかわからないお話をお聞かせ願いたいと思います。

工藤公康(以下、工藤) 連載30周年おめでとうございます。

うえやまとち(以下、うえやま) ありがとうございます。でも30年一区切りで考えればお互い同じですよ。

工藤 いやいや、僕は野球だけなんで。実際、連載を続けるのにネタってつきないんですか? 発想力ももちろんですが、食材の知識もないといけないのでは? 

うえやま もう1300回以上描いてきました。同じことを続けても意味がないし、料理本を真似ても面白くないので、「料理は楽しいもの」ということをいかに漫画で伝えるかを考えてますね。料理をしていて苦痛だと思ったことはないです。料理の発想法などは、30年続けて漠然と身についてきた感じでしょうか。

工藤 「楽しむ」という点では、僕も同じですよ。実際、野球が楽しくなってきたのは40歳過ぎてからですが。それまではキツくて、なんでこんなことをやらなきゃならないんだって思っていましたけど(笑)。僕は昔から考えることが好きで、野球も人に教わるというよりは自分の中でどうやったら上手くなるか常に試行錯誤していました。小学校の頃から「週刊ベースボール」の選手の競技写真や解説文を読んで、ここは間違っているとか、自分の感覚が正しいとか。常に自分の中に問いを作って、それに自らで答えを出していたので前に進めたんじゃないかなと思います。


<b>工藤公康(くどう・きみやす)</b><br>
1963年生まれ。元プロ野球選手、現福岡ソフトバンクホークス監督。名古屋電気高等学校時、81年ドラフト6位指名で西武ライオンズに入団。82~94年まで在籍し、MVP・最優秀防御率・ベストナインなど数々のタイトルを獲得。その後、ダイエーホークス、読売ジャイアンツなどへ移籍しても好成績を残す。2012年に現役選手を引退。野球解説者などを経験後、今年から福岡ソフトバンクホークスの監督に就任。最年長記録を次々と更新することから「鉄人」と呼ばれる。

工藤公康(くどう・きみやす)
1963年生まれ。元プロ野球選手、現福岡ソフトバンクホークス監督。名古屋電気高等学校時、81年ドラフト6位指名で西武ライオンズに入団。82~94年まで在籍し、MVP・最優秀防御率・ベストナインなど数々のタイトルを獲得。その後、ダイエーホークス、読売ジャイアンツなどへ移籍しても好成績を残す。2012年に現役選手を引退。野球解説者などを経験後、今年から福岡ソフトバンクホークスの監督に就任。最年長記録を次々と更新することから「鉄人」と呼ばれる。


うえやま 本も1冊読ませていただきました。

工藤 ありがとうございます。僕の親父はすごく厳しくて、『巨人の星』の星一徹みたいな感じで(笑)。だから少年時代は野球が嫌いでした。でも、その嫌いな野球がどうやったら上手くなるかとずっと考えました。クエスチョンが一つ出たら必ず答えを探す。その答えにもとづいて今やるべきことを導き出す。するとまた新たなクエスチョンが出てきて——。その繰り返しをして積み重ねていった結果、知らない間に上手くなったという感覚です。


工藤監督の食への意識を変えた奥様の尽力

工藤 それにしても、毎回レシピを考えるってすごいですよね! 僕は料理というよりバーベキュー担当です(笑)。自分で食材を用意して串で焼いてみたり。磯辺焼きが好きなので、餅を焼いて醤油に砂糖を入れてノリで巻いて子供に食べさせたりしています。

うえやま 僕は半分仕事で毎週料理を作っていますが、最近は子供たちも大きくなりましたから、作ってもらったりもしています。

工藤 それはそれでいいですよね。

——ちなみに、工藤監督は普段どのような食生活なのでしょう?

工藤 現役時代に比べて食事の量は減りました。ヤフオクドームに来てから走ったりするので、出かける前に重いものは食べないんです。フルーツやサンドイッチといった軽食を作ってもらってます。習慣として、現役時代から動かないと食べないんですよ。だから引退後も朝昼兼用で軽食を取って球場で走る。そして練習後には球場内の食堂でうどんなどを食べる。動かないと食べないので、休日などはあまり食べません。

うえやま すごいヘルシーですね。

工藤 現役時代は、先発投手として1週間に1度登板するローテーションを守るために、たんぱく質や炭水化物をいつ、どうやって摂取するかを考えていました。登板日は炭水化物系を多く摂って、すぐエネルギーに換えられるように配慮したり。ただ、結婚前の食生活は外食ばかりで肉とか揚げ物ばかり食べて、毎日朝まで飲んで遊んでましたけど(笑)。

うえやま それは楽しいと思います(笑)。がっつり肉と揚げ物でビールも進みますよね。


<b>うえやまとち(うえやま・とち)</b><br>1954年2月22日、福岡県福岡市生まれ。84年、「モーニング」のコミックオープン後期で『クッキングパパ』が入賞、すぐに連載開始。たちまち大ヒットに。連載30年たった現在も、さらなる面白さと温かい物語を追求する漫画人である。同作で第39回講談社漫画賞特別賞受賞。

うえやまとち(うえやま・とち)
1954年2月22日、福岡県福岡市生まれ。84年、「モーニング」のコミックオープン後期で『クッキングパパ』が入賞、すぐに連載開始。たちまち大ヒットに。連載30年たった現在も、さらなる面白さと温かい物語を追求する漫画人である。同作で第39回講談社漫画賞特別賞受賞。


工藤 で、結婚する時に野球選手としてそこそこ稼いでいたんですけど、お金がないことに気づいたんですよ。男らしく、確認もしないで預金通帳をポンと渡して結婚費用は全部自分が出すと。実際は、半額にも満たなかったという(笑)。

うえやま 後輩選手たちなどにバンバンおごっていたんでしょうねえ。

工藤 ちょうど結婚する時に成績が落ちていたんですね。その時、僕が嫁さんに「来年野球が出来ないかもしれない。そうしたら田舎で暮らすことになるけどいい?」と聞いたんです。そうしたら「いいわよ。でもどうせ来年で辞めるかもしれないならしっかりしてみない? 私は食事のほうを頑張るから、パパはトレーニングのほうで頑張って」と提案してくれたんです。それから嫁さんは、料理や栄養学の本を購入して勉強してましたね。本屋が出せるんじゃないかってぐらい買いこんでた(笑)。

——素晴らしい奥さんですね。

工藤 人間の習慣とは不思議なもので。当時は携帯電話がなかったので、飲み仲間から自宅にかかってくる電話を嫁さんが全部断っていたんです。するとだんだん連絡もこなくなり、飲みに行きたい気持ちも薄れていったんです。

うえやま 本当に素晴らしい奥さん。旦那さんの健康と身体は私が作る、という気概が感じられます。

工藤 食卓に季節のものを必ず出してくれます。旬のものには、その季節用に身体を順応させてくれる役割があると理解しているんですね。結婚当時は15品目ずらっと並んでいました。でも食べきれないので、最終的に4~5品目にまとめてくれました。現役最後のほうになると、リクエストを聞いてくれて。例えば「肉が食べたい」というと、肉の消化吸収を促進するものを付け合せてくれたり。

うえやま それほどハイレベルな料理を考えられるということは、管理栄養士などの資格をお持ちなのではないですか?

工藤 持っているのかな? 僕の顔色から疲労具合を感じ取って献立を考えてくれますからね。食材も、魚や野菜は、必ず作っている農家さんのところに行って、面と向かって話を聞かせてもらい、直接契約を結んでいました。

うえやま 個人契約ですか? 今でこそ生産者の顔が載っている食品も売り場に出るようになりましたけど、そうなる以前から、直接会いに行っていたとは……すごいですね。


食事は栄養を摂るだけではない!

——ヤフオクドームには、じつにレパートリー豊富なお弁当が販売されています。監督さんや選手がプロデュースするお弁当もありますが、もしお二人でコラボ弁当を考えるとしたら、どのような中身になりますか?

工藤 僕はお祭りが好きなので、楽しい場所で食べたいといったらたこ焼きか、焼きそば、お好み焼き。あまり高いものは好きじゃないんですよ(笑)。僕は裕福な家庭で育ったわけではないので、少年時代は家にある大根を丸かじりしてたタイプなんです。当時はたこ焼きが3個で10円、お好み焼きは25円というのが相場の時代で。それがすごい楽しみだったので、今でも好きなんですよね。

うえやま 工藤監督にも、そのような時代があったのですね。

工藤 僕、意外と高価な料理は得意じゃないんです。たとえばオムライスでも、デミグラスソースがかかっているより、ケチャップがかかっているほうが好き。トンカツも、巷で美味しいといわれているところより、庶民的なところで食べるほうが好きだったりします。

——ちなみに、プロ野球を筆頭にアスリートの世界では「勝負飯」の話をよく聞きますが、工藤監督にも勝負飯はあったのですか?

工藤 開幕投手を任された時は、お頭つきの鯛を食べてましたね。プロ野球選手で開幕投手っていうと定番になってます。

うえやま げんのいい食べ物ですものね。

工藤 そうです。といっても僕はげんを担ぐほうではないんですが(笑)、嫁さんに焼いてもらっています。栄養面でいうと、ご飯も玄米だったり雑穀を入れてもらってます。和食を大事にしてますね。あとは体調面や消化吸収を考えてお鍋などを作ってもらっていました。

うえやま 僕の勝負飯というと肉系になりますね。げんを担ぐならかつ丼とか。あまりヘルシーとはいえませんが。

工藤 高校時代、甲子園に出場した時などは、宿泊先の旅館が試合前日にかつ丼を出してくれたのを覚えています。ちなみに、監督1年目の今シーズンの開幕戦は、メニューを覚えてないくらい特別なものは食べてないですね(笑)。最近のプロ野球選手は、サプリメントで栄養を摂取しているイメージが強くて。でも、本来きちんとした食事で栄養を摂るべきだと思います。サプリメントはあくまで補助的役割ですから。そこのバランスが崩れていると感じています。

うえやま 栄養を摂るならきちんとした食品から、ということですね。

工藤 「噛む」という行為は脳の働きや消化酵素に作用します。食事って、身体にいろんな影響を与えるんですよね。決して栄養素だけの問題ではない。そこを徹底的に学んだ嫁さんから教えてもらって、理解してたいせつにしてきたから現役時代を長く続けられたと考えています。

うえやま 少年時代から現役時代、そして現在に至るまでお話をさせていただいて強く思うのは、コラボ弁当にはやっぱり大根を入れたいということですね(笑)。


この対談で提案され、今週の『クッキングパパ』作中にレシピが登場した荒岩特製【工藤少年お祭り弁当】が、実際に球場で食べられるます!

8月4日(火)より福岡ヤフオク!ドームにて発売開始です! うまいゾ!



モーニング

モーニング

モーニング2017年1号
2016年12月01日発売
定価:本体315円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング2017年1号
2016年12月01日配信
スマホ版モーニング月額500円で配信中

[ダウンロードはこちら]

モーニング・ツー

モーニング・ツー

モーニング・ツー2017年1号
2016年11月22日発売
定価:本体500円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

アクセスランキング

  • 第1位

    モーニング

    アイアンバディ

    左藤真通

    Webで読む

  • 第2位

    モーニング・ツー

    デビルズライン

    花田陵

    Webで読む

  • 第3位

    モーニング

    ランド

    山下和美

    Webで読む

  • 第4位

    モーニング

    コウノドリ

    鈴ノ木ユウ

    Webで読む

  • 第5位

    モーニング・ツー

    さぼリーマン 飴谷甘太朗

    漫画 アビディ井上 原作 萩原天晴

    Webで読む

  • 週刊Dモーニングピックアップ
  • オリジナルWebコミック『独身OLのすべて』

モーニング

モーニング

モーニング2017年1号
2016年12月01日発売
定価:本体315円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング2017年1号
2016年12月01日配信
スマホ版モーニング月額500円で配信中

[ダウンロードはこちら]

モーニング・ツー

モーニング・ツー

モーニング・ツー2017年1号
2016年11月22日発売
定価:本体500円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

  • 月額500円!お得な定期購読なら「週刊Dモーニング」
  • 単号で気軽に買うなら「電子版モーニング」

アクセスランキング

  • 第1位

    モーニング

    アイアンバディ

    左藤真通

    Webで読む

  • 第2位

    モーニング・ツー

    デビルズライン

    花田陵

    Webで読む

  • 第3位

    モーニング

    ランド

    山下和美

    Webで読む

  • 第4位

    モーニング

    コウノドリ

    鈴ノ木ユウ

    Webで読む

  • 第5位

    モーニング・ツー

    さぼリーマン 飴谷甘太朗

    漫画 アビディ井上 原作 萩原天晴

    Webで読む

こちらもオススメ!

アフタヌーン公式サイトへ