『へうげもの』もフルって応援! 東京でも“織部ごのみ”の名品に会える「没後400年 古田織部展」、松屋銀座で年またぎ開催にて候。

2014/12/25 17:05

イベント

山田芳裕『へうげもの』の主人公・古田織部(1544~1615)の没後四百年記念“織部イヤー”もたけなわ。「織部焼」的聖地・美濃の岐阜県現代陶芸美術館【大織部展】関連ニュース )に続き、東京・松屋銀座【没後400年 古田織部展】が開催されます。

「織部とは何者か?」をテーマに、「織部の時代」「織部の茶の湯」「織部の茶道具」の三部構成により、偉大なる武将茶人の実像にズームインにて候。

古田織部といえば、イコール茶の湯~やきものという連想が一般的ですが、山田氏が『へうげもの』で描く通り、血を血で洗う戦国乱世を背景に、血を茶ですすぐ桃山文化が生まれました。

きわめて特異で画期的な時代をリードしたのが織部その人であり、建築、美術、料理と、ジャンルを超えて「日本人」に与えた影響ははかりしれません。我々現代人のライフスタイルを決めちゃった大先輩と呼んでも過言ではなく、東京の中心「銀座」で「織部」に触れることは実に意義深いのではないでしょうか。


本展は東京を皮切りに広島~滋賀を巡回予定ですが、『へうげもの』とのコラボは松屋銀座限定企画となります。

本展は東京を皮切りに広島~滋賀を巡回予定ですが、『へうげもの』とのコラボは松屋銀座限定企画となります。

「モーニング」&「週刊Dモーニング」4・5合併号掲載のタイアップ告知。本誌表紙も手がけるへうげデザイナー・シマダヒデアキ氏(L.S.D.)が手がけました。

「モーニング」&「週刊Dモーニング」4・5合併号掲載のタイアップ告知。本誌表紙も手がけるへうげデザイナー・シマダヒデアキ氏(L.S.D.)が手がけました。

本展では、織部の花押入り黒織部茶碗萩割高台茶碗 銘「是界坊」(京都・藪内燕庵蔵。前期12/30~1/9のみ展示)、織部耳付茶入 銘「餓鬼腹」(京都・野村美術館蔵)など、『へうげもの』でもおなじみの超逸品百五十点余が集結。

さらに、織部とその高弟・上田宗箇の茶の湯を現代に伝える上田宗箇流公式サイト)、利休の相弟子で織部の義弟・藪内剣仲を流祖とする藪内流公式サイト)による呈茶(有料)も楽しめますので、古田織部と『へうげもの』の世界に触れるまたとない機会です。


<strong>黒織部茶碗(織部花押)</strong><br>
古田織部自身と「織部焼」の深い係わりが窺い知れる超逸品。

黒織部茶碗(織部花押)
古田織部自身と「織部焼」の深い係わりが窺い知れる超逸品。

<strong>萩割高台茶碗 銘「是界坊」</strong>
<br>※前期(12/30~1/9)のみ展示<br>
「萩焼」の金字塔たる「織部ごのみ」の超名品。

萩割高台茶碗 銘「是界坊」
※前期(12/30~1/9)のみ展示
「萩焼」の金字塔たる「織部ごのみ」の超名品。

<strong>織部耳付茶入 銘「餓鬼腹」</strong><br>
『へうげもの』ごのみの頂点とも言えるシルエットの超乙品。

織部耳付茶入 銘「餓鬼腹」
『へうげもの』ごのみの頂点とも言えるシルエットの超乙品。

そして、山田芳裕『へうげもの』は本展の応援団として全面協力。『へうげもの』登場人物人気投票のほか、古田織部を取り巻く人物めぐりスタンプラリーや、記念撮影用パネルなど、松屋銀座店内各所で主要キャラクターたちが皆様とお目にかかります。

会期は、2014年12月30日(火)~2015年1月19日(月)まで。新しい年の門出をぜひ松屋銀座でお過ごしくだされ!


【没後400年 古田織部展】


会場
松屋銀座・8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅A12番出口直結/東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅9番出口より徒歩3分

会期
2014年12月30日(火)~2015年1月19日(月)

開館時間
10:00~20:00(入場は閉場の30分前まで)
※12月31日(水)は18:00、1月2日(金)は19:30、最終日は17:00閉場
※1月2日(金)は9:30開場、1月1日(祝・木)は休業

入場料
一般1000円、高大生700円、中学生500円、小学生以下無料
前売券は一般700円、高大生500円、中学生400円
チケットぴあ、ローソンチケット、セブンイレブンにて12月29日(月)まで販売


本展の詳細は、松屋銀座公式サイトにてご確認ください。

また、おなじみ『へうげもの』公式Facebookページ、同公式Twitterからも随時情報をお伝えします!

モーニング

モーニング

モーニング2017年52号
2017年11月22日発売
定価:本体324円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング2017年52号
2017年11月22日配信
スマホ版モーニング月額500円で配信中

[ダウンロードはこちら]

モーニング・ツー

モーニング・ツー

モーニング・ツー2018年1号
2017年11月22日発売
定価:本体546円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

アクセスランキング

  • 第1位

    モーニング・ツー

    ご恩は一生忘れません

    北郷海

    Webで読む

  • 第2位

    モーニング・ツー

    天地創造デザイン部

    原作 蛇蔵 原作 鈴木ツタ 作画 たら子

    Webで読む

  • 第3位

    モーニング・ツー

    デビルズライン

    花田陵

    Webで読む

  • 第4位

    モーニング・ツー

    別式

    TAGRO

    Webで読む

  • 第5位

    モーニング

    元女神のブログ

    本間実

    Webで読む

  • オリジナルWebコミック『独身OLのすべて』
  • 週刊Dモーニングピックアップ

モーニング

モーニング

モーニング2017年52号
2017年11月22日発売
定価:本体324円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング

週刊Dモーニング2017年52号
2017年11月22日配信
スマホ版モーニング月額500円で配信中

[ダウンロードはこちら]

モーニング・ツー

モーニング・ツー

モーニング・ツー2018年1号
2017年11月22日発売
定価:本体546円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

  • 月額500円!お得な定期購読なら「週刊Dモーニング」
  • 単号で気軽に買うなら「電子版モーニング」

アクセスランキング

  • 第1位

    モーニング・ツー

    ご恩は一生忘れません

    北郷海

    Webで読む

  • 第2位

    モーニング・ツー

    天地創造デザイン部

    原作 蛇蔵 原作 鈴木ツタ 作画 たら子

    Webで読む

  • 第3位

    モーニング・ツー

    デビルズライン

    花田陵

    Webで読む

  • 第4位

    モーニング・ツー

    別式

    TAGRO

    Webで読む

  • 第5位

    モーニング

    元女神のブログ

    本間実

    Webで読む

こちらもオススメ!