ルポルタージュ –追悼記事– / 売野機子

舞台は、2034年の日本。
「合理的な結婚相手」をマッチングするシステムが発達し、恋愛を“飛ばし”た結婚が一般化している。

新聞社で働く社会部記者・青枝聖(あおえひじり)は、時代の象徴ともいえる「非・恋愛コミューン」と呼ばれるシェアハウスで起きたテロ被害者の追悼記事——ルポルタージュを書きながら、時代遅れのはずの“恋”に落ちていく……。

人気作『ルポルタージュ』が電撃移籍リメイク!

気鋭の作家・売野機子が時代に問う。
「人生に恋愛は必要ですか?」

この作品をWebで読む »

著者プロフィール

売野機子(うりの・きこ)

漫画家。東京都出身。乙女座、O型。
2009年「楽園 Le Paradis」(白泉社)にて、『薔薇だって書けるよ』『日曜日に自殺』の2作品で同時掲載デビュー。
『薔薇だって書けるよ―売野機子作品集』外部リンク(白泉社)、『ロンリープラネット』外部リンク(講談社)、『MAMA』全6巻 外部リンク(新潮社)、『かんぺきな街』外部リンク(新書館)、『売野機子のハート・ビート』外部リンク(祥伝社)、『ルポルタージュ』外部リンク(幻冬舎)ほか、著書多数。