はじめての虐殺 / 稲光伸二

アニメーション制作をする主人公。
彼の作る魔法少女アニメは賞賛の的で、作品づくりの志も、人一倍に高い。

彼は自身の本当の趣味嗜好を、したたかに隠し続けることで平穏に暮らしてきた。

しかし「少女」を中心に、世界の方が壊れ始めた。

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • はじめての虐殺 (1)

    モーニング・ツー

    はじめての虐殺 (1)

    稲光伸二

    発売日:2018/10/23
    定価:本体610円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

稲光伸二(いなみつ・しんじ)

1973年生まれ。北海道釧路市出身。1994年、「ビッグコミックスピリッツ増刊号」(小学館)でデビュー。
以後、2007年にスペシャルドラマ化された『出るトコ出ましょ!』外部リンクなど「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)を中心に作品を発表。早くから作画にデジタル技術を取り入れ、2010年に「ヤングチャンピオン烈」(秋田書店)で連載開始の『性食鬼』外部リンクでは背景のほとんどに3DCGが使われている。

この作品の関連ニュース »