アマネ†ギムナジウム / 古屋兎丸

耽美たんびな人形作家・宮方みやかた天音あまねの素顔は、地味な派遣社員。

ある日、贔屓ひいきにしていた画材屋を訪れた天音は、店主・西園寺さいおんじ徳一とくいちから店じまいをすることを告げられる。

途方にくれる天音だったが、代わりにもらった50年前の粘土を元に、どうにか7体の少年たちを作り上げる。

無事、個展を終えた天音は、徳一から告げられた「粘土の秘密」を思い出し、人形たちに“あること”をしてしまい——。

この作品をWebで読む »

著者プロフィール

プロフィール画像

古屋兎丸(ふるや・うさまる)

1994年に「ガロ」より『Palepoli』でデビュー。
主な著書に『ライチ☆光クラブ』『インノサン少年十字軍』 (太田出版)、『幻覚ピカソ』『帝一の國』(集英社)、『人間失格』『女子高生に殺されたい』(新潮社)などがある。
近年は、描き下ろし作品を展示した個展を開催するなど、漫画家業に収まらない活動も精力的に行っている。