クレムリン / カレー沢薫

日本のどこかの道ばたにロシアンブルーがすてられていました。(誰かボクをひろってくれニャいかニャあ……)。出会いをまちわびるうち、冬がきて春がきて、捨て猫は三びきにふえていました。だれも彼らをひろってくれません。小さな命のともしびはこのままきえてしまうのか。ところが神様は猫たちを決してみすてませんでした。猫耳の帽子をかぶった無気力で無表情でブラブラしている若者が、アパートでは猫を飼ってはいけないきまりなのに、三びきの新しい同居人、あるいはお父さんとなったのです。若者の名前は却津山春雄(きゃっつやまはるお)、通称・キャッツ。猫たちの名前はそれぞれ劉備・関羽・張飛でしたが、キャッツはとてもものぐさなので、三びき全員関羽と名のることになりました。説明がちょっとながくなってしまったけれど、捨て猫たちと若者の熱い友情がきっとみなさんの胸をうつことでしょう。ご家族そろってどうぞ『クレムリン』を応援してください。

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • ニァイズ 東京都写真美術館ニュース別冊~『クレムリン』出張版

    モーニング

    ニァイズ 東京都写真美術館ニュース別冊~『クレムリン』出張版

    カレー沢薫

    発売日:2014/04/23
    定価:本体550円(税別)

  • クレムリン (7)

    モーニング

    クレムリン (7)

    カレー沢薫

    発売日:2013/02/22
    定価:本体552円(税別)

  • クレムリン (6)

    モーニング

    クレムリン (6)

    カレー沢薫

    発売日:2012/09/21
    定価:本体571円(税別)

  • クレムリン (5)

    モーニング

    クレムリン (5)

    カレー沢薫

    発売日:2012/04/23
    定価:本体543円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

カレー沢薫(かれーざわかおる)

第26回MANGA OPENに、本名・無題で猫漫画を応募。惜しくも落選したが、ごく少数の編集者の強力な支持により、月刊「モーニング・ツー」で連載決定。自ら筆名をカレー沢薫、題名を『クレムリン』と改める。カルトな人気を獲得し、「モーニング」本誌でもW連載開始。ツーならびにモーニング公式サイトで連載されたコラム『負ける技術』は、単行本発売後、ほぼ即日重版を達成。
「週刊Dモーニング」初のオリジナル連載、『やわらかい。 課長 起田総司』が絶頂連載中。単行本①巻恍惚発売中。
主な作品に『クレムリン』(モーニングKC・とりあえず全⑦巻)、『バイトのコーメイくん』(同・全③巻)などがある。『クレムリン』出張版・東京都写真美術館ニュース別冊『ニァイズ』も好評継続中(モーニングKC発売中)。
Twitterのトップ画像に「死にたい」と書かれているがウソ。

この作品の関連ニュース »