ハヴ・ア・グレイト・サンデー / オノ・ナツメ

小説家・楽々居輪治(ささいりんじ)。長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情で単身、東京に戻ってきた。

きままな独り暮らしのはずが、日本に暮らす息子のマックスと娘婿のヤスは、輪治を慕って毎週末は入り浸り。

男三人は、いつも「最高の休日」を夢見る。

この作品をWebで読む »

もっと見る