ピアノの森 / 一色まこと

森に捨てられたピアノをオモチャ代わりにして育った、主人公・一ノ瀬 海(イチノセ カイ)。彼はかつて天才ピアニストと呼ばれた阿字野壮介や偉大なピアニストの父を持つ雨宮修平と出会い、その才能を伸ばしてきた。

17歳となったカイはワルシャワで開催されるショパン・コンクールに臨む。5年に一度のコンクールの参加者には実力者が揃うが、カイは予備予選、1次審査、2次審査と通過し、ついにファイナルでの演奏に臨む。「森の端」を飛び出して、日本を飛び出して、広い海を越えて、世界へ、カイのピアノを響かせるときがやってきた。

Dモーニングなら月額500円で毎週木曜に最新の連載が読める! 詳しくはこちら
※『ピアノの森』は週刊連載ではありません。

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • ピアノの森 (24)

    モーニング

    ピアノの森 (24)

    一色まこと

    発売日:2014/05/23
    定価:本体552円(税別)

  • ピアノの森 (23)

    モーニング

    ピアノの森 (23)

    一色まこと

    発売日:2013/05/23
    定価:本体552円(税別)

  • ピアノの森 (22)

    モーニング

    ピアノの森 (22)

    一色まこと

    発売日:2012/08/23
    定価:本体562円(税別)

  • ピアノの森 (21)

    モーニング

    ピアノの森 (21)

    一色まこと

    発売日:2011/11/22
    定価:本体562円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

一色まこと(いっしきまこと)

1984年、「ヤングマガジン」誌上にて『カオリ』でデビュー。95年、『花田少年史』で第19回講談社漫画賞を受賞。主な作品として『はなったれBoogie』『どいつもこいつも』『出直しといで!』『ハッスル』『魚人荘から愛をこめて』など。ライフワークの読み切り短編シリーズをまとめた『~ガキの頃から~ 一色まこと短編集』も絶賛発売中。

この作品の関連ニュース »