ふつつか者の兄ですが / 日暮キノコ

ニキビよりも厄介な、私の“青春”の敵。それは、家族。

恋に友情に忙しい、華の女子高生・田処志乃。
だが彼女には、親しい友人にも決して言えない、ある秘密があった——。

まだ間に合う!? 作り直しの“家族”物語、開幕!!

この作品をWebで読む »

もっと見る

単行本情報 »

  • ふつつか者の兄ですが (2)

    モーニング・ツー

    ふつつか者の兄ですが (2)

    日暮キノコ

    発売日:2016/02/23
    定価:本体560円(税別)

  • ふつつか者の兄ですが (1)

    モーニング・ツー

    ふつつか者の兄ですが (1)

    日暮キノコ

    発売日:2015/09/23
    定価:本体560円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

日暮キノコ(ひぐらしきのこ)

神奈川県出身。第29回別冊フレンド新人まんが大賞の佳作を受賞し、2005年にデビュー。以後、少女誌を中心に活躍。2012年に開始した青年誌での初連載作『喰う寝るふたり 住むふたり』が大きな話題を集め、同作は2014年にテレビドラマ化もされた。著作に、『喰う寝るふたり 住むふたり』全5巻、『モンクロチョウ』全3巻、『なないろ胞子 日暮キノコ短篇集』など。自他ともに認めるラーメン(特に二郎)好き。

この作品の関連ニュース »