会長 島耕作 / 弘兼憲史

入社43年。総合電機メーカー「テコット」の会長に就任した島耕作。
社業は基本的に社長の国分に任せ、日本の国益のために邁進する決意をした島には、ある巨大な壁が立ちはだかっていた。
ひとつは海外電機メーカーの躍進。
もうひとつは長年にわたって経済界を支配してきた「財界」。
65歳を過ぎて、「財界」の大物たちにイビられつつも奮闘する島耕作。
そこには一人の人間が、ゆずれないものを守るため闘う姿があった。
「永遠の恋人」を誓った大町久美子との入籍も果たしたスーパービジネスマン・島耕作に用意されたステージは過酷かつ大きなやりがいのあるものとなる——。
Dモーニングなら月額500円で毎週木曜に最新の連載が読める! 詳しくはこちら

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • 会長 島耕作 (7)

    モーニング

    会長 島耕作 (7)

    弘兼憲史

    発売日:2016/10/21
    定価:本体552円(税別)

  • 会長 島耕作 (6)

    モーニング

    会長 島耕作 (6)

    弘兼憲史

    発売日:2016/05/23
    定価:本体552円(税別)

  • 島耕作のアジア新世紀伝

    モーニング

    島耕作のアジア新世紀伝

    弘兼憲史 原案 NHK『島耕作のアジア新世紀伝』取材班

    発売日:2016/05/23
    定価:本体590円(税別)

  • 会長 島耕作 (5)

    モーニング

    会長 島耕作 (5)

    弘兼憲史

    発売日:2015/09/23
    定価:本体552円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

弘兼憲史(ひろかねけんし)

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。
主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)『学生 島耕作』(イブニング)『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)コラム『パパは牛乳屋』(週刊朝日)を連載中。

この作品の関連ニュース »

この作品のダウンロードコンテンツ »

  • 【人生ゲーム 島耕作】 「お金シート」印刷用PDF

    【人生ゲーム 島耕作】 「お金シート」印刷用PDF(2014/01/24)

    講談社キャラクターズA『会長 島耕作』第①巻特装版の付録、【人生ゲーム 島耕作】で使用する「お金シート」の印刷用PDFです。
    本ファイルを等倍でB4サイズの用紙に印刷し、黒いケイ線に沿ってカッター等で切り抜いてください。

    [PDF 8.93MB]