Iターン / 原作 福澤徹三 漫画 大槻閑人

中堅広告会社の冴えないアラフォー社員・狛江に宣告されたのは、リストラありきの左遷!?

会社に切り捨てられ、家族にも見放され、どこにも自らの居場所がないことを悟った狛江は、送り込まれた九州の地で「自分」を取り戻す決意をする。

しかし、そんな狛江を嘲笑うかのように容赦なく牙を剥く過酷な現実。やる気のない部下、降って湧いた借金、裏社会との関わり……はたして生き地獄でもがいた先で狛江が手にするものは!?

『俠飯』『白日の鴉』で好評を博す福澤徹三の人気小説を、ちばてつや賞出身の新鋭が魂を込めて描き起こす、血沸くサラリーマンピカレスク!!

Dモーニングなら月額500円で毎週木曜に最新の連載が読める! 詳しくはこちら

この作品をWebで読む »

著者プロフィール

原作 福澤徹三(ふくざわ・てつぞう)

福岡県北九州市生まれ。作家。営業、飲食、アパレル、コピーライター、デザイナー、専門学校講師など、20種類以上の職業に就いた後、小説家としてデビュー。代表作は原作小説『俠飯』シリーズ(文春文庫)外部リンク

漫画 大槻閑人(おおつき・かんと)

第73回ちばてつや賞一般部門準大賞。本作にて連載デビュー。

この作品の関連ニュース »