KILLER APE / 河部真道

我々は、初めて「殺し」を覚えたサルの子孫である……。

人間が何もかもを人工知能に任せた未来。
戦争すら、人間が行うことはなくなっていた。

しかし、地球規模の災厄により全てのAIがダウン。
世界は再び人間の兵士を求め、多くの志願者が現れた。

彼らは取り戻さねばならない。
かつて、人間が持っていた「殺意」という武器を——。

空前絶後のスケールで描く、超・快作SFアクション開幕‼︎

Dモーニングなら月額500円で毎週木曜に最新の連載が読める! 詳しくはこちら

この作品をWebで読む »

著者プロフィール

プロフィール画像

河部真道(かわべ・まさみち)

2012年、『ライズ』にて第32回MANGA OPEN森高夕次賞を受賞。
2015年11月、「モーニング」49号より『ボッチャン』を短期集中連載、さらに同年12月には「週刊Dモーニング 新人増刊2015冬号」にて連載デビュー作の原型ともいえる『南北朝キングスメン』を発表し、読者の話題をさらう。
2016年10月、「モーニング」45号にて『バンデット –偽伝太平記–』(単行本全⑥巻)で連載デビュー。

この作品の関連ニュース »