テロール教授の怪しい授業 / 原作 カルロ・ゼン 漫画 石田点

泣く子も黙るローレンツ・ゼミには、今年もそうとは知らない学生たちが集まっている。

「あなたたちはテロリスト予備軍です。」

予想だにしない一言に愕然とする生徒たち。脱落=テロリスト認定。恐ろしすぎる授業が始まる——。

そもそもテロリズムとは何か? 日常に潜むテロの根っことは?

今までメディアで語られてきたテロ論は全部ウソ。テロ教授が教える、知るのは怖い、知らないのはもっと怖い「テロとカルト」の真実。

Dモーニングなら月額500円で毎週木曜に最新の連載が読める! 詳しくはこちら

コミックDAYSなら続きがすぐ買える!

この作品をWebで読む »

著者プロフィール

原作 カルロ・ゼン(かるろ・ぜん)

作家。デビュー作『幼女戦記』(KADOKAWA)外部リンクが高い評価を獲得し、アニメ化もされた。他作に『約束の国』(星海社)外部リンク『ヤキトリ』(早川書房)外部リンクなど。漫画『売国機関』(漫画 品佳直/新潮社)の原作も担当している。カフェイン愛好家。

漫画 石田点(いしだ・てん)

漫画愛が胸を打つ感動作『少年天谷』にて月例賞「モーニングゼロ」2018年1月期奨励賞を受賞。
超絶技巧を駆使した画面作りは新人離れしており、編集部も驚愕の逸材。本作『テロール教授の怪しい授業』でいよいよ連載デビュー。

この作品の関連ニュース »